2018年09月14日

Amazon Fire HD 8 タブレットでKindleブックを読み上げさせよう with Fire OS 5.6.2.0 VoiceView

Amazon Fire HD 8 タブレットの第6世代で、VoiceView スクリーンリーダーでの音声読み上げによる捜査を確認しています。

Fire OSのバージョンは5.6.2.0です。


日本語TTSがインストールされていなければ、まずはそちらをダウンロードして設定してください。

ホーム画面で「設定」アプリを開き、
「キーボードと言語」、「読み上げ機能」の中でデフォルト音声の日本語を指定します。
ダウンロードが必要であれば、
「追加音声をダウンロード」を開いて日本語TTSを取得します。

設定アプリを開いて、
「ユーザー補助」、「VoiceView スクリーンリーダー」、「、「読み上げ機能に移動」
この手順でも先ほどと同じメニューが表示されます。


ホーム画面の1ページ目で「本」と読み上げられるアイコンがKindleアプリになります。
では、「本」を開きましょう。

FireタブレットではスクリーンリーダーのVoiceViewをオンにしていなくても、Kindleを音声読み上げさせることはできるのだろうと思います。
実際に確認していないので、間違えていたらすいません。

メニューを開いて、「その他のオプション」、「その他の設定」、「読み上げ機能」のオン・オフ切り替えボタンというのがあります。

最近は視覚障害やディスレクシアでない人たちの間でも耳読書を楽しむ人が増えているようなので、音声読み上げ機能のニーズは高まっていくのだろうと思っています。

Kindle Fire HDの日本語読み上げ機能は、実質、トークバックっぽい - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2018/08/13/182315

勝間和代さんがこのブログをアップされていたのが2018年8月半ばでしたが、当時は私の第6世代Fire Hd 8では日本語TTSはダウンロードできませんでした。
もしかすると第7世代のFire HDシリーズでは一足早く対応していたのかもしれませんね。


さて、VoiceView環境で読み上げ可能なKindleブックを開くと、表示されている1ページのみ読み上げさせることができます。
ただし、日本語VoiceViewでは英語の書籍の内容は読み上げてくれませんでした。
英語の音声には切り替わらず、日本語のカタカナ読みでも読み上げてくれません。

連続読みでは、読み上げ可能な英語の書籍の場合、英語の音声で再生されます。
読み上げ可能な日本語書籍の場合、日本語の音声で読み上げられます。
自動的に判別してくれるようです。



■1 1ページの内容を読み上げさせる


画面にタッチして、「ページの内容」というフレーズから始まる項目がありますが、その
フレーズの後に読み上げられる内容がページのすべてです。
この時の読み上げ速度はVoiceViewの読み上げ速度と同じです。


■1-1 読み上げの単位を変更するジェスチャー


1本指で下スワイプして、画面に着けたままの指を上スワイプ。
あるいはその逆の方向の動きです。
線の上を1往復ですね。
文字、単語、ウインドーとナビゲーションの単位が切り替わります。

1本指の下スワイプで右方向へ、
1本指の左スワイプで左方向へ移動します。

文字単位で読ませると、文字の説明読みをしてくれます。



■1-2 ページの切り替えをするジェスチャー


3本指の右スワイプと3本指の左スワイプ。



■2 連続読みをさせてみよう


まずメニューを開きます。
本文内で1本指のダブルタップ。

画面の下部、右側に二つのボタンが表示されます。

「読み上げ機能を開始」
この箇所を実行すると連続読みが始まります。
同じ箇所が一時停止ボタンに変わります。

「読み上げ速度の変更」
読み上げ速度を変更できます。
1、1.5、2、4、7倍速に対応しています。



■3 読み上げ機能のオン・オフ切り替え


さて、メニューの中には「その他のオプション」という項目があります。
ここを実行して、「その他の設定」の箇所を実行します。
「読み上げ機能」のオン・オフ切り替えボタンがあります。
ここはオンにしておいた方がよさそうです。



■4 テキストの範囲選択、辞書検索、ハイライト指定などの操作


本文内で使えるジェスチャーがもう一つあります。
1本指のダブルタップ&ホールド。

テキストの範囲選択、辞書検索、ハイライト指定などを設定できます。

「再生」ボタンも用意されているので、この箇所を実行しても連続読みが始まります。



■5 最後に


FireタブレットのKindleアプリでも、
ブックマーク、フラッシュカード、X-Ray、ノートブック、辞書検索などの機能は使えそうです。
これについてはWindows、iOS、Androidの環境でも同じですね。
いずれもスクリーンリーダー環境で使えるように工夫されています。

統一されているところがすばらしいです!

posted by @voice_of_i at 00:51| Comment(0) | 電子書籍関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

iOS 11: iBooksの書籍データをオーディオブックのように読み上げさせることについて

iBooksの書籍はKindle同様に音声読み上げさせることができます。
しかし、日本語の書籍では連続読みさせていると読み上げられない箇所があり、音声読み上げユーザーにとっては都合のよくない状態がつづいていました。

iOS 11ではようやくそれが改善されたようです。


  • 書籍データの本文の表示オプションを、次のように設定する必要があるかもしれません。


  • 1. 本文が表示されている画面で、
    「表示」ボタンを実行します。


  • 2. 「スクロール表示」の切り替えボタンをオフにします。


  • 3. フォントサイズを最小に設定します。
    「フォントを小さくする」ボタンを実行して変更できますが、
    「無効の」という読み上げを確認できたら、この状態が最小値となります。


  • 4. スクラブのジェスチャーで本文表示の画面に戻ります。
    あるいは、
    「ポップアップ・ウインドーを閉じる」ボタンを実行します。





VoiceOver環境では、本文エリアをフォーカスさせている状態で、
2本指の上スワイプでページ先頭からの連続読み、
2本指の下スワイプで現在行からの連続読み、
2本指のシングルタップで連続読みの停止。

ページを手動で切り替えるには、本文エリアをフォーカスさせている状態で、
3本指の右スワイプか、左スワイプです。



また、VoiceOverをオフにしている環境でも書籍の内容を読み上げさせることができます。
VoiceOverとは別の読み上げ機能、アクセシビリティのスピーチの中にある「画面の読み上げ」をオンにすることが必要です。

画面の上端から2本指で下スワイプすると、本文の連続読みが始まります。

iOS 8に加わったアクセシビリティ、スピーチの中の「画面読み上げ」について : Voice of i -- iPhoneやiPadを音声読み上げで使ってみれば
http://voicei.seesaa.net/article/406300264.html

画面に表示されている読み上げコントロール関連のボタンを実行することで、再生、停止、速度調整などができます。



このアクセシビリティのスピーチ機能は普段VoiceOverを使用している人でも便利に感じられる特徴があります。
それは、スピーチで読み上げさせている状態では画面にタッチしても連続読みが継続されるということです。
2本指のダブルタップ、あるいは画面に表示されている「一時停止」ボタンを実行することで、連続読みの一時停止と再生をコントロールできます。

posted by @voice_of_i at 07:11| Comment(0) | 電子書籍関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

オーディオブックが聞き放題のサービス「Audible」はiOSにも登場間近か

オーディオブックが聞き放題のサービス「Audible」はiOSにも登場間近か

耳で読む本、それがオーディオブックです。
プロの役者やナレーター、それに声優が本を朗読しています。
書店や専門のオンラインショップ、iTunes Storeで購入することができます。

 
Audible.comはアメリカで1995年に創業したサービスで、
アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリアで利用できるようになっています。
日本に住む人にとっては、外国語学習の教材代わりとしてAudibleはよく知られていました。

 
2015年7月14日にようやく日本でもサービスが始まりました。
Audible(オーディブル)- アプリで本を聴こう。無料でスタート。
https://www.audible.co.jp/

日本でのAudibleサービスの特徴は、
・月額1500円の聞き放題プラン
・使用できる端末はAndroidとiOS
・本のタイトルは文芸作品やビジネス書など、日本語が中心
・一ヶ月間は無料で試すことができる。

 
アメリカでは聞き放題のプランは存在しません。
マンスリープランとアニュアルプランは有料の本のタイトルを一定数ダウンロードできるようになっていたり、
また、単品での購入もできるようになっています。

購入したオーディオブックのデータはWindows、Mac、iOS、Androidで試聴できます。
その他にも市販のMP3プレーヤーや、デイジー図書の再生プレーヤーであるプレクストーク、ブックセンス、Victor Reader Streamに転送することでも再生できるようになっています。
 
日本でのコンテンツは購入する訳ではないので、
・契約していないと聴けない
・市販のMP3プレーヤーやデイジープレーヤーに転送できない
という制限があります。

ただし、契約している期間であれば何冊でも聞き放題できるというのはかなりお得な印象です。
継続して契約しなくても、たとえば年に読書月間を2ヶ月設定すると考えて集中して本を楽しめば、年に3000円の支払いとなります。
 
iOSには「朗読少女」という人気のアプリがありますが、
OTOBANK Inc.「朗読少女 〜 Story Time Girl 〜」
https://appsto.re/jp/kdOUw.i
ここで販売されているタイトルもAudibleでは聴けるようです。
(すべてのタイトルがAudibleで利用可能かどうかは不明です)
 
たとえば朗読少女のアプリの中で「時をかける少女」という作品は、4分冊になって販売されています。一冊480円です。
4冊をセットにした割引価格も設定されているようですが、それでも1500円はオーバーしています。

使用できるデバイスはAndroidとiOSだけというのは少し引っかかりますが、今の時代ではそれを気にする人たちは少ないだろうという判断なのでしょう。
現時点ではAndroid向けのアプリだけがリリースされています。

iOSには
Audible, Inc.「Audibleのオーディオブック」
https://appsto.re/jp/hSAOw.i
というアプリがリリースされていますが、これはまだ海外のAudibleサービスを利用するためのもので、日本のサービスには対応していません。
こちらはボイスオーバー環境でもストレスなく操作できるアプリになっています。



■1 サービスに申し込む


Audibleはアマゾンの傘下になるので、アマゾンのウェブページで申し込みの手続きができます。
登録されているコンテンツの内容も確認できます。
Amazon.co.jp: Audible(オーディブル)|オーディオブック
http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=3479195051

アマゾンのアカウントでサインインし、登録しているクレジットカードでの支払いを許可すれば、まずは一ヶ月間は無料でサービスを利用できます。

iOSアプリはまだリリースされていないので、iPhoneなどでサービスを利用するにはそのアプリが登場してから申し込むことになります。



■2 Android向けアプリを使ってみての感想


Android向けにリリースされているアプリはTalkBackの音声読み上げ環境でも操作しやすい設計になっています。

最初にアマゾンのアカウント情報を入力すれば、申し込みを完了したAudibleの聞き放題サービスを利用することができます。

ただし、筆者が使用したXperia Z3 Compact(Android OS 4.4)では、アマゾンの会員入力画面においてソフトウェアキーボードが表示されませんでした。
Bluetoothキーボードからの文字入力で対応しました。

ストアーから読みたい本のタイトルを探し、ライブラリーに追加、それからダウンロードすると、端末内の自分のライブラリーに保存されます。

再生速度の調整も0.5倍速から3倍速まで、TalkBack音声読み上げで操作できました。
ブックマーク機能も利用できるので、好きな箇所にしおりをはさむことができます。



■3 今後への期待


日本でのオーディオブックの認知度はアメリカに比べると低いのではないでしょうか。
ただそれは、これまでその存在があまり知られてこなかったり、その便利さを体感する機会がなかったことが大きな理由なのかもしれません。

日本では通勤や通学で電車に乗る時間が長いですし、最近ブームのランニングで音楽を聴く人たちが増えています。
これからは音楽の代わりにビジネス書や小説を聴いて、貴重な時間で読書しようという人たちが増えてもおかしくない環境だと思われます。

日本のAudibleのコンテンツはアメリカのそれに比べると少ないかもしれませんが、普段読まないジャンルの作品や、すでに読んだ本をプロの読み手の声で楽しむというのは、新しい読書の形になり得るでしょう。

アメリカでは著者自身が朗読しているタイトルも登録されているので、その本の著者とふれあう感覚をあたえてくれることもあります。
日本で登録されているコンテンツの中には落語が含まれているので、それもまたおもしろい特徴です。

 
視覚障害者向けには昔から音訳された図書が制作され利用されています。

現在ではインターネット上の
サピエ
https://www.sapie.or.jp/
図書館が大きな役割を果たしてくれています。

音訳では読み手の感情を出さないように工夫されていると聴きますが、Audibleの朗読ではナレーターである役者やプロの読み手が感情豊かに表現しています。

どちらが聞きやすいかというのは人の好みによりますが、好きな作品であれば音訳と朗読で聞き比べるというのは新しい楽しみ方になるかもしれません。

童話のコンテンツも用意されているので、たとえば同じ作品をKindleで購入して子供には絵の入ったKindle画面を見てもらう。
そして、朗読を聞いてもらうという使い方も考えられます。
読むのが苦手な人の場合はKindleの画面で絵や写真を楽しみ、内容は耳で聞くというのは効率的な読書のスタイルになるかもしれません。

これまでまったくオーディオブックに縁のなかった人たちはもちろんのこと、普段から音訳図書を利用している人にとっても、聞き放題のオーディオブックサービスAudibleは新鮮な風を吹き込んでくれることでしょう。



■4 関連情報


小説やラノベの朗読が月1,500円で聴き放題、「Audible」日本上陸。Amazon傘下 - AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150714_711525.html

【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】国内サービスインしたオーディオブックサービス「Audible」を試す 〜Amazon関連会社による提供。現状ではKindleと連携せず - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/20150723_713016.html

オーディオブックの定額聴き放題サービス「Audible」が日本上陸 月額1500円 - ITmedia eBook USER
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1507/14/news074.html

ASCII.jp:オーディオブックが月額1500円で聴き放題、「Audible」が日本上陸
http://ascii.jp/elem/000/001/028/1028871/

オーディオブック大手のAudible社、日本でのサービスを開始 オトバンクもAudibleへの作品提供を始める | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/28927


posted by @voice_of_i at 23:09| Comment(0) | 電子書籍関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

点字データを読み上げてくれる「BESリーダ(点字ファイル朗読アプリ) Ver.1.5」 with iOS VoiceOver

このアプリは、iPhone 5s, iOS 8.4の環境で、ボイスオーバーによる読み上げ操作を確認しています。

使用しているアプリのバージョンは1.5です。


BESとBET形式の点字データをオーディオブックのようにしてくれる、耳で聞きながら読書できるアプリです。
音声はiOS内蔵のエンジンを利用しているので、つまりボイスオーバーの音質と同じです。
速度調整に加えて、音程の調整もできます。

普段ボイスオーバーをオフにしている人でも利用できるのが特徴です。
漢字のないテキストになりますが、画面に表示されたテキストをハイライトしながら読み進められるようです。
これは弱視の人など、普段は点字データと縁のない人にとっても、読書の手段を増やしてくれるアプリになりそうです。


お試し版は、
BESリーダライト
https://itunes.apple.com/jp/app/id986744343?ls=1&mt=8


有料版は、
BESリーダ(点字ファイル朗読アプリ)
https://appsto.re/jp/M7_m6.i



日本では、BESの点字データで制作された書籍がインターネット上のライブラリー、
サピエ
https://www.sapie.or.jp/
に多く登録されています。

この図書館は登録制で、利用できるのは読みに困難のある人です。
点字データの他にもデイジー形式のオーディオ図書やテキスト図書をダウンロードできるようになっています。



■1 サピエ図書館の点字データをダウンロードして本棚に追加する


1. iOSデバイスのブラウザでサピエ図書館にアクセスして、目的の書籍を表示します。

2. 「ダウン」ボタンを実行すると、ダウンロードが始まります。

3. 「BESリーダで開く」を実行すると、ダウンロードされたEXE形式のファイルがBESリーダの本棚に追加されます。



■2 パソコンから点字データを本棚に転送する


Dropboxなどのクラウドストレージサービスを遣うのが手軽な方法です。
その他にもiTunes経由による転送、パソコンと同じネットワーク上に接続している場合はWi-Fi転送のアプリを利用することもできます。

PCに保存してあるファイルをWi-Fi経由で転送してくれる「Wi-Fi Transfer」



■3 読み上げの操作


本棚にリスト表示されている点字データのタイトル、あるいはファイル名を実行します。
副数冊が一つにまとまったEXEファイルの場合は、次の画面でファイルを選択できます。
ファイル名を実行すると、次の画面には朗読ボタンが表示されて、読み上げ操作ができるようになります。

画面の最下行には、
「前のページ」、「前へ」、「朗読」、「次へ」、「次のページ」
というボタンが並んでいます。
「前へ」と「次へ」はフレーズ移動だと考えればよさそうです。

「設定」ボタンを実行すると、
速度調整、
音量調整、
声のトーン(音程)、
朗読単位(句読点ごと、単語ごと)、
ページ番号読み上げ、
を変更できます。

「速度変更」を実行すると、
読み上げ速度を選択肢の中から選ぶことができます。

「ページ変更スライダー」ではピッカー操作によりページの変更ができます。
1回の上フリックか下フリックで、総ページ数の10パーセントずつページを切り替えできそうです。
この箇所を1本指でダブルタップ&ホールドしてドラッグ、そのまま指を画面上で滑らせると、特定のページ数を読み上げさせることができるので、目的の箇所で指を画面から離します。そのページ番号に切り替わります。

朗読中には一時停止と再生の操作として、2本指のダブルタップのジェスチャーが利用できます。



■4 朗読中のリモコン操作


イヤホンマイクなどにリモコンボタンが付いている場合は、再生と一時停止、前へ、次への操作を行うことができます。

リモコン付きイヤホンで操作できること



■5 本棚から点字データを削除する


本棚の画面では、保存されている点字データを削除することができます。
目的のタイトルかファイル名の箇所で1本指の上フリックか下フリックを行います。
「削除」と読み上げられたら、1本指のダブルタップで実行します。

もし1本指の上フリックか下フリックで「削除」という読み上げが確認できなければ、ローター操作で「アクション」の項目に合わせてから実行する必要があります。


もう一つの方法は、「編集」ボタンを実行して削除の操作をすることもできます。



■6 関連情報


サポートページ
Besリーダ - 点字ファイル朗読アプリ
https://www.facebook.com/besreader?__fns&hash=Ac3P7yKGMrdLPzMn
 
BESリーダライト
https://itunes.apple.com/jp/app/id986744343?ls=1&mt=8
 
BLPCパソコンメモ [まぐまぐ!] 2015年7月31日号
http://archive.mag2.com/0000063052/index.html

posted by @voice_of_i at 01:04| Comment(0) | 電子書籍関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

日本語のKindle書籍を読み上げさせている時に外国語で読ませなくする方法

日本語のKindle書籍をボイスオーバーで読み上げさせている時に、なぜだか日本語だけでなく中国語やその他の外国語の音声で読み上げすることがあります。


これはボイスオーバーのマルチリンガル機能が働いているためです。

ローター操作で「言語」の項目に合わせて日本語を選んでやると、ボイスオーバーは日本語の音声に固定されます。


次の項目を参考にしてみてください。

■20 読み上げ音声の質と特徴

■20-2 外国語の音声を追加する

■20-1 高品質な日本語音声をダウンロードする

■11-6 ウェブページを快適に閲覧するために「ローター操作」
posted by @voice_of_i at 18:31| Comment(0) | 電子書籍関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする