2020年05月10日

エクササイズの体の動きを文字で表現してくれている「3分フィットネス -簡単エクササイズ- Version 1.1.10」 with iOS 13.4.1 VoiceOver

このアプリは、iPhone XS, iOS 13.4.1のVoiceOver環境で読み上げ操作を確認しています。

使用しているアプリのバージョンは1.1.10です。



フィットネスや筋力トレーニングのアプリはたくさんリリースされていますが、ほとんどは画像や動画で体の動きが説明されています。

このアプリではエクササイズの内容を文字で表示してくれているので、VoiceOverで読み上げさせて確認することができるようになっています。
動画の見えない視覚障碍ユーザにとっては都合のよいアプリだと言えるでしょう。

ワークアウトのレベルによってはアプリ内課金が必要ですが、無料でも十分に活用できるアプリです。


「3分フィットネス -簡単エクササイズ-」
https://apps.apple.com/jp/app/3%E5%88%86%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9-%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA/id778142266







__________目次の先頭へもどる__________

■1 インストール直後の画面


インストール直後にアプリを起動すると、通知を送信してもよいかどうかの問い合わせが表示されます。

案内文が6ページにわたって表示されますが、VoiceOverではその内容を読み上げません。
「next」ボタンなどを実行して6ページに進むと、
Facebookにログインするかどうかの問い合わせが表示されます。
ここでは、、
「後で」ボタンを実行しておきましょう。

ワークアウトの画面が表示されます。



__________目次の先頭へもどる__________

■2 ワークアウト画面のレイアウト


画面の上部と下部には次のボタンが配置されています。

  • 「button menu」ボタン
    画面の左上端に配置されています。


  • 現在表示されている画面のタイトル


  • 「help」ボタン
    画面の右上端に配置されています。


  • 「workout button help」ボタン
    画面の下部に配置されています。


  • 「workout button play」ボタン
    画面の下部に配置されています。
    ワークアウトを開始します。
    スタートすると、このボタンは「workout button stop」という名前に代わり、停止ボタンになります。


  • 「workout button help」ボタン
    画面の下部に配置されています。
    ワークアウト中の音声によるアナウンスをオン・オフ切り替えできます。




__________目次の先頭へもどる__________

■3 ワークアウトを開始する


さて、実際にワークアウトを開始するには、画面の下部に配置されている

「workout button play」ボタンを実行します。

画面には、
セット数、レベル、部位の内容が表示されており、その内容でワークアウトを行うことになります。
それらの項目は変更可能です。

  • 「セット数」
    このボタンを実行すると、ピッカー操作でセット数を変更できます。
    「完了」ボタンを実行して確定します。


  • 「レベル」
    ワークアウトのレベルをピッカー操作で変更できます。
    イージー、ノーマル、ハード、ベリーハード


  • 「部位」
    エクササイズする部位を、ピッカー操作で変更できます。
    全身、下半身、上半身、



それぞれの値を変更して、「workout button play」ボタンを実行します。

画面の上部にテキストでエクササイズの説明が表示されています。
確認したら、
「workout button play」ボタンを実行します。
30秒のカウントダウンが表示され、音声によるアナウンスは、
開始、15秒経過、残り3秒のタイミングで聞こえてきます。

一つのエクササイズが終わると、20秒の休憩タイムに入ります。
この休憩タイムの時間は変更可能です。

休憩中の画面では、次のエクササイズの内容が表示されているので、VoiceOverの読み上げ音声で確認しておくとよいでしょう。
一時停止させないとVoiceOverの読み上げでは確認できないことがあります。
「workout button stop」ボタンを実行して、一時停止できます。
内容を確認できたら、
「workout button play」ボタンを実行して、ワークアウトを再開しましょう。

ワークアウト中であってもエクササイズの説明は確認できます。

セットが終わると
「終了」ボタンを実行しておきましょう。

次の画面では、「やりなおす」ボタンを実行することで、再びワークアウトを開始できますが、先ほどのワークアウト結果の記録は消去されることになります。



__________目次の先頭へもどる__________

■4 アプリのメニュー画面


トップ画面の左上端にある
「button menu」ボタンを実行すると、履歴の閲覧や各種設定ができます。

表示される主な項目は、

  • 「workout」
    ワークアウトの実行


  • 「exercises」
    ワークアウトで行うエクササイズの一覧とその説明


  • 「カレンダー」
    完了したワークアウトの履歴


  • 「friends」
    Facebookへのログイン設定


  • 「settings」
    各種設定。
    休憩時間の調整、サウンドのオン・オフ、通知の設定などができます




  • __________目次の先頭へもどる__________
posted by @voice_of_i at 12:50| Comment(0) | 健康関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

英語によるオーディオコンテンツの紹介 -- 視覚障碍者向けに制作されたフィットネスプログラム

Mel Scottさんという視覚障害のある女性は
BlindAlive.com and Eyes Free Fitness programs for the blind
https://www.blindalive.com/
というウェブサイトを運営されておられます。

テレビで放映されているフィットネス番組や、通信販売で流通しているエクササイズ関連の商品はたくさん存在しますが、ビデオや写真を見ないと役に立たないものが多い。
そう感じたMelサンは音声だけで実践できるフィットネスプログラムを制作されました。

この度ウェブサイトを閉鎖するとのことです。

コンテンツは有料で販売されてきました。
ストレッチ、ヨーガ、メディテーション、バランスボール、ピラティスなど。
しかし、ビジネスを続けていくには経費がかさんだり、多大な労力を費やしてしまうので、今回の決断に至ったそうです。

そこで、これまでに公開したコンテンツを無料でダウンロードできるようにされています。
2018年12月31日にウェブサイトをクローズされるので、それまではアクセス可能です。

もしコンテンツを機に行って経済的に支援したいということであればPaypal経由で寄付金を送れるようになっています。


iOSアプリがリリースされていますが、年末でサービスは受けれなくなるそうです。

App名: Eyes-Free Fitness、デベロッパ: BlindAlive, LLC
https://itunes.apple.com/jp/app/eyes-free-fitness/id966686576?mt=8


コンテンツはウェブサイトからダウンロードすることもできます。
「Download Workouts for Free」のリンクでコンテンツの一覧を閲覧できます。

Sad but True, BlindAlive Is Closing
https://www.blindalive.com/blind-alive-blog/2018/11/25/sad-but-true-blindalive-is-closing?mc_cid=fa49461a50&mc_eid=4300f6f877


「Eyes-Free Fitness」というPodcast番組も配信されてきましたが、次にリリースされる105回目の番組で今回の決断に至った話が語られるみたいです。

ちなみに第1回目の番組では、彼女の自己紹介を聞くことができます。

1 - Let's Get Started
https://eyesfreefitness.com/include/playAudio2?fId=57&podcastId=29

posted by @voice_of_i at 18:25| Comment(0) | 健康関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

動画と音声でヨーガのポーズを解説してくれる「OSH YOGA 2」 with iOS 10.3.2 VoiceOver

このアプリは、iPhone 7, iOS 10.3.2のボイスオーバー環境で操作を確認しています。

アメリカ生まれのスポーツショップ、オッシュマンズジャパンがリリースしているアプリです。


株式会社オッシュマンズ・ジャパン「OSH YOGA2 - Lifestyle with Yoga ヨガで暮らしが楽しくなる。」
https://appsto.re/jp/QW5Ldb.i

ヨーガのポーズを動画で視聴できます。
その他にも健康的なレシピを閲覧できたり、関連した音楽を再生することができます。

それぞれの動画はインストラクターが声でポーズを解説してくれているので、イメージしやすいかもしれません。


2013年からは視覚障害者向けにヨガを体験してもらおうというプロジェクト、
チャレンジド・ヨガ ?視覚障がい者のためのヨガクラス? - 視覚障がい者のためのヨガクラス
http://challengedyoga.com/
関東を中心にクラスを開催しておられます。

2017年からは神戸でも定期クラスが始まりました。


チャレンジド・ヨガ〜視覚障がいの方のヨガ〜challenged yoga for Blind 2013-2014 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=dumzv_0H2P0&feature=youtu.be


アプリの開発元であるオッシュマンズ・ジャパンは、視覚障害者向けのヨーガクラスであるチャレンジドヨガをサポートしているようです。

これはそのクラスの雰囲気が伝わってくるブログ生地の一つです。

「チャレンジド・ヨガ」〜視覚障がい者のためのヨガクラス | OSHMAN'S
http://www.oshmans.co.jp/73297



■1 アプリの初回起動について


このアプリを初めて起動するといくつかの手続きが必要です。

まず、このアプリは横向きで表示されます。

1. 「button next」を実行します。


2. 利用規約に同意するかどうかの確認画面です。
「同意する」の箇所を実行してそれを選択状態にした後、
「next」ボタンを実行して次に進みます。


3. 通知を許可するかどうかの確認が表示されます。


4. 自分のプロフィールを入力する画面が表示されます。
入力したくない場合は
「今は入力しない」の箇所を実行してそれを選択状態にした後、
「next」ボタンを実行して次に進みます。


5. 5ページにまたがりアプリの案内が表示されます。
ページをスクロールし
最後のページまで進んで、
「start」ボタンを実行します。



■2 動画を視聴する


画面の一番上の行に配置されている「Lesson」の箇所を実行すると視聴できるタイトルが一覧表示されます。

カテゴリー別、目的別、インストラクター別に表示させることもできます。
デフォルトでは「目的別」の箇所にチェックが入っています。

試しに「シャキッと目覚めるヨガ」の箇所を実行してみましょう。
「Play Video」ボタンを実行すると再生が始まります。
2本指のダブルタップで一時停止と再生をコントロールできます。

前の画面に戻るには「完了」ボタンを実行します。
もし「完了」ボタンが表示されない場合は、1本指のダブルタップでメディアのコントローラーを表示させる必要があります。
あるいは、2本指のダブルタップで動画を停止させると表示されます。

タイトル一覧に戻るには、
「back」ボタンを実行します。
ボタンの位置は画面の一番上の行で、真ん中から少し右側です。



posted by @voice_of_i at 07:40| Comment(0) | 健康関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

いびきや寝言を録音して睡眠状態を分析してくれる「いびきラボ Ver.3.3.1」 with iOS VoiceOver

このアプリは、iPhone 5s, iOS 8.4のボイスオーバー環境で操作を確認しています。

使用しているアプリのバージョンは3.3.1です。


寝ている間に自分のいびきや寝言をチェックしてくれるアプリです。
眠ってから起きるまでの時間を記録し、
その間のいびきを録音、
眠っていた時間の中でいびきをかいていた時間は何パーセントになるのか、
そんな自分の睡眠状況を記録してくれます。

iPhoneに標準インストールされているヘルスケアアプリにもデータを受け渡すことができます。

Reviva Softworks Ltd「いびきラボ - いびき対策アプリ (SnoreLab)」
https://appsto.re/jp/uSQJF.i



インストール直後にこのアプリを起動すると説明画面が表示されるので、3本指の左フリックを繰り返して最後の説明ページに切り替える必要があります。
「スタート」ボタンを実行すると、アプリのトップ画面が表示されます。

トップ画面の最下行には四つのタブが並んでいますが、ボイスオーバーでは「ボタン」としか読み上げません。
左端から「Infomation」、「Monitor」、「Analysis」、「その他設定」。

最初にこのアプリを起動した時は、自動的に「Monitor」の画面タブが表示されます。



■1 「Monitor」の画面と録音スタート


「目覚まし時計の設定」
画面の右上端には「オフ」ボタンが表示されていますが、ここを実行すると、目覚まし設定の画面切り替わります。

目覚まし時計の設定画面から一つ前の画面に戻るには、画面の左上端にある「backArrow」ボタンを実行します。

「就寝時間」
この項目を実行すると、眠りに入るまでの時間を指定します。
たとえば20分になっていれば、20分後から記録が始まります。
また、眠りに入るまでの間にBGMが必要なら、それを指定することもできます。

「いびき対策」
もし何らかのいびき対策をしているのであれば、この項目の中の選択肢から選ぶことができます。

「要因」
必要であれば選択肢の中から選びます。
たとえばアルコールを飲んだ時や、鼻づまりのある日など、いつもと違う睡眠状態になりそうな場合に利用するとよさそうです。

「スタート」
このボタンを実行することで、睡眠記録が始まります。
いびきの聞こえる場所にiPhoneを起きます。
画面は下向きにします。



■2 睡眠の記録を呈しするには


睡眠記録の状態を中止するには画面の下にある「スライドでセッションを中止」ボタンを実行します。
しかし、ボイスオーバーがオンの状態ではこの操作は確認できませんでした。

そこでホームボタンのトリプルクリックで一度ボイスオーバーをオフにします。
画面の左端から右方向に指を滑らせます。
ボイスオーバーをオンにして確認してください。
一度目でうまく中止の操作ができなくても、何度か繰り返してみてください。



■3 「Analysis」の画面


記録した睡眠状況を確認できます。

いびきの音は録音されているので、それを再生させることができます。
たとえば「大音量」の項目を実行すると、もっとも大きな音だった箇所が再生されます。
それがどの時間帯だったかを確認するには、画面の左下端のボタンにタッチしてから1本指で左フリックを行うと読み上げてくれます。



■4 「その他設定」の画面


プロフィールの設定やデータのエクスポートなどの操作ができます。



■5 「Infomation」の画面


「ようこそ」の項目を実行すると、説明文がボイスオーバーでも読み上げられるようになります。
posted by @voice_of_i at 15:15| Comment(0) | 健康関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

水を飲む習慣をつけてくれる「Hydro水を飲み、健康を維持しましょう Ver.1.0.1」

このアプリは、iPhone 5s, iOS 8.3のボイスオーバー環境で操作を確認しています。

使用しているアプリのバージョンは1.0.1です。



毎日の生活の中で水を飲むことの大切さは知られていますが、ついついの喉が渇いていなかったり忙しかったりすると忘れてしまうものです。


そんな時に定期的に水を飲むように促してくれるアプリがあります。

Fourdesire「Plant Nanny 植物ナニー - かわいい植物と一緒に水分補給をしよう!」
というアプリは定期的に水を飲むように通知を送ってくれます。水を飲まずにいると植物が枯れてしまいますよと訴えかけてきます。水を飲んでいると、画面上の植物が生き生きと育っていく仕掛けになっています。
残念ながらボイスオーバーでは使いやすいアプリではなく、また画面上の植物が見えないとおもしろくないアプリです。


同じように通知をしてくれてボイスオーバーでも使えるのが、ここで紹介する「Hydro」です。


「Hydro水を飲み、健康を維持しましょう」
https://appsto.re/jp/bUZqW.i



最初に起動すると、数量の単位を選択する画面が表示されます。
初期値では体重はkg、水の要領はmlになっています。
そのままでよければ「完了」ボタンを実行します。

通知をする胸の確認メッセージが表示されます。

自分の情報を入力していくと、一日に必要な水の量が表示されます。
性別、体重、ライフスタイルなど。
画面の下半分当たりで4本指のシングルタップをするとボイスオーバーは最後の項目に移動して、自分に必要な水分量を読み上げさせることができます。
「完了」ボタンを実行します。


自分が飲んだ水分量の箇所を実行すると、その時刻とともに記録されていきます。
飲んだ水分を合計して、目標値に近づいているかどうかも確認できます。



「BarCalendar」ボタンを実行すると日付の選択ができます。

「BarMenu」を実行して、「MenuSettings」を実行すると、設定画面を表示させることができます。



無料版なので広告が表示されますが、広告の箇所を実行すると、24時間は表示されなくなるようです。


posted by @voice_of_i at 23:26| Comment(0) | 健康関連のアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする