2021年09月23日

iOS 15、VoiceOver関連の記事を投稿しました

 iOS 15がリリースされましたね。VoiceOver関連でも変化がありました。
『Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)』のブログに記事を投稿しています。
 機械学習を活用した機能の追加が目立つようになってきました。この機能を使うには、iPhone XS, XR以降のiPhoneモデルが必要です。iPhone SE(2020)も対応しています。


1.----------

まずは写真や画像の情報を知りたいときに利用できる「イメージエクスプローラー」


iOS 14ではキャプションを着けれるようになったので写真の整理が楽になりました。iOS 14で搭載されたVoiceOver認識の画像を説明機能というのもありますが、iOS 15になっても日本語には完全対応してくれていません。
 イメージエクスプローラーは日本語で説明してくれるので、全盲ユーザにとっても写真はさらに身近な存在になってくれそうです。

iOS 15の新機能、画像の内容を説明してくれる「イメージエクスプローラー」 with iOS VoiceOver: Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483518942.html?1632202011


2.----------

Live Text、画像の中のテキストを検出して認識結果を表示してくれる機能です。


2021年9月時点では、日本語には対応していません。写真を撮影しなくてもテキスト認識させることはできるので、シーンによっては便利に活用できそうです。

iOS 15の新機能、写真の中のテキストを認識する「テキスト認識 Live Text』with iOS VoiceOver: Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483525127.html?1632231280


3.----------

Safariについて


アドレスバーが画面の下に表示されるようになったので、途惑っている人は多いかもしれません。iOS 14までのようにアドレスバーは上に表示させることもできます。タブ切り替えについては、VoiceOver環境では、アドレスバーが下にあっても上にあっても大丈夫です。
 翻訳機能、日本語に対応してくれたのはうれしい点です。

iOS 15、Safariを使う上で覚えておいた方がよいこと with iOS VoiceOver : Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483521641.html?1632214811


4.----------

VoiceOverのタッチジェスチャは二つ加わりました。クイック設定


開くと、これまでローター操作でいちいち変更していた項目を、一覧の中から切り替えできるようになります。ローター操作が苦手な人にとってはうれしい機能でしょう。
 ただし、見出しジャンプ、リンクジャンプなどのナビゲーションを利用するには、これまで通りローター操作で切り替える必要があります。

iOS 15の新機能、新しいジェスチャ「2本指の4回タップ クイック設定を開く」 with iOS VoiceOver: Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483519784.html?1632207486


5.----------

もう一つ加わったジェスチャがあります。ただし、ナビゲーションスタイルという考え方を頭に入れておかないと、VoiceOverカーソルの動きに戸惑うことになりそうです。



iOS 15の新機能、新しいジェスチャ「2本指の左スワイプと右スワイプ ムーブアウトとムーブイン」 with iOS VoiceOver : Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483519466.html?1632205477


6.----------

VoiceOver設定の中の「詳細度」にいくつか機能が追加されました。


・フラッシュライトが点灯したときの通知
・数字の桁読みをするかどうか
・クイックナビを切り替えたときのアナウンス方法

たとえばハードウェアキーボードを使っているときにクイックナビをオン・オフ切り替えすることは多くありますが、切り替わったときの判別は効果音、音の高低でしか確認できませんでした。以前は「クイックナビ オン」などとVoiceOverは音声でアナウンスしてくれていました。それが復活した感じですね。

iOS 15の新機能、VoiceOver「詳細度」に追加された項目」 with iOS VoiceOver : Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483520448.html?1632210564


7.----------

拡大鏡アプリ


 これまで存在していた拡大鏡の機能ですが、ぬiOS 15になって単体アプリとして独立、出世しました!
ホーム画面で見つからなければ、Appライブラリのユーティリティ・フォルダで見つけることができます。

実はVoiceOverユーザにとってはやっかいな存在でもありました。なぜなら、アクセシビリティメニューの中で「拡大鏡機能を」をオンにすると、ホームボタンのトリプルクリック、あるいはサイドボタンのトリプルクリックで呼び出せるアクセシビリティ・ショートカットの中に割り込んでしまっていたからです。

これはVoiceOver機能だけをオン・オフしたい人にとっては都合がよくありませんでした。ショートカットで二つの機能がオンになっていると、どちらかを選ぶメニューが画面に表示されてしまうからです。

拡大鏡の呼び出し方は、従来通りの方法も引き続き利用できます。

iOS 15で単体アプリとなった「拡大鏡」 with iOS VoiceOver: Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483524273.html?1632226089


8.----------

アプリごとに画面の表示スタイルを指定できるようになりました


これはロービジョンの人にとってはうれしい機能ではないでしょうか!
アプリによって文字サイズなど、いちいち変更していたのであれば、その必要はなくなります。

iOS 15の新機能、アプリごとに画面表示とテキストサイズ、動作を設定する「Appごとの設定」 with iOS VoiceOver : Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483523932.html?1632223983


9.----------

iPhoneユーザ以外ともFaceTimeで通話できるようになりました


VoiceOverとは関係ありませんが、FaceTimeによる音声通話やビデオ通話が、iPhoneを持っていない人たちともできるようになりました!
Windowsでブラウザを開いて通話することについて紹介しています。

iOs 15の新機能、FaceTimeアプリとWindowsブラウザとの間で通話する with iOS VoiceOver : Voice_Of_i 見えなくても使えるiPhone(資料集)
https://voicei-gestures.seesaa.net/article/483532498.html?1632275463


posted by @voice_of_i at 10:43| Comment(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント