2021年09月23日

Appleの「天気アプリ」で雨の降り始め・やんだときに通知を受け取る設定方法(一部地域にのみ対応) with iOS 15 VoiceOver

iPhone 12 Pro, iOS 15.0のVoiceOver環境で読み上げ操作を確認しています。

天気アプリは以前から標準でインストールされていますが、iOS 15になってから通知を受け取れるようになりました。
・雨の降り始め
・雪の降り始め
・やんだとき

 ただし、2021年9月時点では、日本の地域には対応していません。
まずはアメリカ、イギリス、アイルランドから提供開始だそうです。
また、降水量など、通知の条件を指定する項目は見つかりませんでした。


設定方法はシンプルです。

1.  天気アプリを開きます。
画面の右上端の「その他」ボタンを実行します。

2. 「通知」ボタンを実行します。

3. 通知を許可するかどうかの問い合わせが表示されます。
「続ける」ボタンを実行します。

4. 「許可」ボタンを実行します。

5. 地域を選択します。
「現在地」をオンにすると、位置情報の使用の問い合わせが表示されるかもしれません。
複数の場所を登録している場合、通知に対応している地域だけオン・オフ切り替えできます。


posted by @voice_of_i at 09:49| Comment(0) | 生活に役立つアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント