2019年07月30日

(転載不可) 参加者向け資料 -- 2019年 「情報化対応支援者研修会(第10回情報機器コース)」 講義1「AIスピーカーの活用」

(転載不可) 参加者向け資料 -- 2019年 「情報化対応支援者研修会(第10回情報機器コース)」
講義1「AIスピーカーの活用」

このページは、社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会の主催による
「情報化対応支援者研修会(第10回情報機器コース)」
(2019年7月31日から8月2日)
講義1「AIスピーカーの活用」
の内容を公開したものです。

日盲社協-イベント開催情報
http://www.ncawb.org/osirase.html

____________________________
品川 博之
Email: voice-of-i@outlook.jp
____________________________





■1 概要


 スマートスピーカーとは、インターネットに接続し、AIアシスタントと会話感覚で操作できるマイク付きのスピーカーです。日本ではAIスピーカーと呼ばれることもあります。
 2014年にAmazon社がEchoという名前のスピーカーを販売、利用できるAIアシスタントはAlexa。
 2016年にGoogle社がGoogle Homeシリーズのスピーカーを販売、AIアシスタントの名前はGoogleアシスタント。
 2017年にLINE社がClovaシリーズのスピーカーを販売、AIアシスタントの名前はLINE Clova。

 上記三つが日本ではメジャーなスマートスピーカーとして存在します。その他の会社が
独自に開発販売している製品があったり、国によっても事情は異なります。
 Amazon社のEchoがスマートスピーカーの先駆けとしてアメリカで発売されましたが、現在は世界的にも大きなシェアを占めていると言われています。それぞれの会社のスマートスピーカー製品はサイズや機能の異なるモデルが次々に発表され、最近ではディスプレイ付きのモデル、スマートディスプレイも発売されるようになっています。
 また、各社のAIアシスタントは自社製スピーカーでの利用に限定されているわけではなく、他社製のスピーカーやヘッドセット、サウンドバーにも対応製品が増えています。
 AlexaについてはWindows 10のPCでも利用可能です。

 2017年になってようやく日本でもスマートスピーカーが登場しました。すでに利用することのできた国々、特にアメリカでは日常生活の中に入り込んでいたようです。そして、視覚障害ユーザにとっては、声だけでやり取りできるシステムはかなり都合がよく、注目を集める存在になっています。



__________目次の先頭へもどる__________

■2 スマートスピーカーを利用するための準備


 スマートスピーカーを利用するための必要条件としては、
・Wi-Fi、インターネットへの接続
・各社アカウントへのログイン
・スマートフォンアプリによる設定

 三社のスマートスピーカーを設定するiOSアプリについて、VoiceOver環境で操作できることを確認しています。操作の手順については、以下のページで公開されているテキストデータをご参照ください。

情報機器関連資料 - 日本ライトハウス情報文化センター
http://www.lighthouse.or.jp/iccb/publications/index_publications/jyohokiki/

 セットアップを進めていく中で、視覚障碍者向けに設定しておいた方が便利である項目があります。声でリクエストすると、それを聞き取っていることをスピーカーはランプの色で表現します。聞き取りの開始と終了は効果音を鳴らすように設定できるので、変更しておいた方がよいでしょう。
 LINE Clovaのスピーカーについてはデフォルトでオンになっています。



__________目次の先頭へもどる__________

■3 スマートフォンアプリについて


 三社のスマートスピーカーを設定するためには専用のアプリがリリースされており、iOSとAndroidの音声読み上げ環境で操作できます。
AlexaとGoogle Homeアプリでは、スピーカーの設定だけではなく、AIアシスタントにリクエストすることもできます。iOSではGoogleアシスタントという名前のアプリもインストールしておく方が便利です。

 特徴と問題点は、
・アプリのバージョンアップのペースが速い
・レイアウトの変更はたまにある
・項目の追加や削除が多い
・項目名の変更が多い
・同一の設定項目が複数のメニュー画面に存在する
・類似の項目名でも設定できる内容は異なる

 表示する画面によってはVoiceOverの項目移動のジェスチャーでアイコンを見つけにくいことがあります。1本指の左右スワイプで何も見つからない場合、画面の中央などを直接タッチして、項目が存在するかどうかを確認するのがよいでしょう。



__________目次の先頭へもどる__________

■4 利用できるサービス、リクエストできる内容


 時刻の確認、アラーム、タイマー、カレンダー、予定の確認、リマインダー、メモ(リスト)、ラジオ、音楽の再生など。三社ともに類似のリクエストに応えてくれます。
 リクエストの仕方ですが、まずウェイクワードを伝えて、その次にリクエストしたい内容を話しかけます。ウェイクワードとは聞き取りを開始してもらうための合図になる単語のことです。

「アレクサ 今何時」
「ねぇ グーグル 予定を追加して」
「ねぇ クローバ 2分のタイマー」
このように話しかけます。

 定型のフレーズを覚えておく必要があります。また、アプリやスキルを利用するには、それらの名前や呼びかけ方も記憶しておく必要があります。



__________目次の先頭へもどる__________

■5 ラジオと音楽サービス


 多くのユーザがラジオと音楽を聴く手段としてスマートスピーカーを利用しているようです。三社の違いのまとめです。


__________目次の先頭へもどる__________

■5-1 ラジオについて


Alexa
・ラジコの再生(ラジコプレミアム会員はエリアフリーに対応)
・TuneIn Radioの再生(コミュニティFMや世界のインターネットラジオ)

Googleアシスタント
・ラジコの再生(ラジコプレミアムには非対応。複数のスピーカーでグループ再生可能)
・TuneIn Radioの再生(コミュニティFMや世界のインターネットラジオ)

LINE Clova
・ラジコの再生(ラジコプレミアム会員はエリアフリーに対応)



__________目次の先頭へもどる__________

■5-2 音楽サービス


アレクサ
・Amazon Music
・Apple Music
・Spotify
・Dひっつ
・うたパス

Googleアシスタント
・YouTube Music(無料プランで利用可)
・Play Music
・Spotify(無料プランで利用可)
・うたパス
・AWA(無料プランで利用可)
・Dヒッツ

LINE Clova
・LINE MUSIC



__________目次の先頭へもどる__________

■6 コミュニケーション機能


 メッセージのやり取りや通話などの操作ができます。
日本のGoogleアシスタントではまだサービスは利用できません。

アレクサ
 アレクサを使用している人に対して、
・音声メッセージ
・テキストメッセージ
・音声通話
・ビデオ通話
・呼びかけ
 同じAmazonアカウントでログインしている端末に対して、
・アナウンス

Googleアシスタント
 同じGoogleアカウントでログインしている端末に対して、
・ブロードキャスト

LINE Clova
 友達登録している人に対して、
・テキストメッセージ
・音声通話
・ビデオ通話



__________目次の先頭へもどる__________

■7 各AIアシスタントの得意な機能


アレクサ
・Kindleブックの読み上げ
・Audibleのオーディオブックの再生
・Blueprintsの作成

Googleアシスタント
・Google Play Booksのオーディオブックの再生
・通訳機能(双方向)

LINE Clova
・昔話やディズニー絵本の朗読
・通訳機能(片方向)



__________目次の先頭へもどる__________

■8 スマートホーム構築への第一歩


 家電製品をネットワークに接続して一括管理することで、快適で安全な暮らしを実現する「スマートホーム」という考え方があります。スマートスピーカーを利用することでIoTの操作や、スマートリモコンを経由することでネットワーク機能をもたない家電製品をコントロールできるようになります。
 さて、視覚障碍者にとっては、声でリクエストすることで自国やカレンダーの確認、天気情報などを得られる、それだけでもスマートスピーカーは快適な暮らしをアシストしてくれると言えます。



__________目次の先頭へもどる__________

■9 関連情報


この資料はウェブサイトで公開しています。
参加者向け資料 -- 2019年 「情報化対応支援者研修会(第10回情報機器コース)」 講義1「AIスピーカーの活用」
http://voicei.seesaa.net/article/467726552.html?1562430595

筆者のブログで、スマートスピーカー関連の話題を発信しています。
Voice of AI -- しゃべってなんぼ スマートスピーカーでAIある暮らしを!
http://voicei-ai.seesaa.net/



__________目次の先頭へもどる__________


posted by @voice_of_i at 00:00| Comment(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント