2021年03月07日

iOS 14で追加された写真に説明文を追加できるキャプション機能 with iOS 14 VoiceOver

iPhone 12 Pro, iOS 14.4のVoiceOver環境で読み上げ操作を確認しています。

iPhoneのカメラ機能は視覚障害ユーザにとっては欠かせない存在となっています。
日常のワンシーンや旅行先の風景を撮影してSNSで共有したり、テキストを撮影して文字認識させるなど、その用途は広がってきています。
ビデオ録画してYouTubeにアップロードするなど、そんな使い方をしている人も増えているようです。

撮影した写真は「写真」アプリで管理することができるわけですが、
はたして自分が表示させたい写真はどれなのか、
保存しておくべきものはどれなのか、
画面が見えていないと、それを確認するのは容易ではありません。

これまでは、
写真に記録されている日時や場所の情報をチェックしたり、
画像認識の内容を読み上げさせてヒントを得るという方法しかありませんでした。

写真が一覧表示されている状態では、写真の内容の読み上げを最後まで聞いていると、VoiceOverは簡単な説明を読み上げてくれます。

さらに、iOS 14で加わったVoiceOverの「画像を説明」をオンにしていると、機械学習により解析された詳しい内容を読み上げてくれます。
ただし、2021年2月末の時点では、英語でしか表現してくれません。
この機能をオンにするには、設定アプリを開いて、「アクセシビリティ」、「VoiceOver」、「VoiceOver認識」の中で行ないます。ローター・カテゴリに追加しておくと、オンとオフの切り替えが楽になります。

しかし、機械学習では自分が知りたい情報を確実に表現してくれるというわけではありません。

そこで、iOS 14で追加された写真のキャプション機能を利用すれば、テキスト編集して任意の説明文を加えることができます。
視覚障害ユーザ本人がテキストをタイプしてもよいですし、見えている家族や友人にお願いしてもよいでしょう。
写真の整理に役立ちます。






__________目次の先頭へもどる__________

■1 写真にキャプションを追加する


写真アプリを開き、一覧表示されている中からキャプションを追加したい写真の箇所を実行します。
その写真がフルスクリーン表示されます。

1. 画面の中央を1本指でタッチすると、VoiceOverカーソルはイメージをフォーカスします。
タッチした後で、1本指の上スワイプか下スワイプを行い、
「詳細を表示」と読み上げられたら、1本指でダブルタップして実行します。
もし「詳細を表示」という読み上げがなければ、ローター操作で「アクション」のカテゴリに合わせる必要があります。

2. その写真に関する詳細情報が表示されます。
1本指で右スワイプを続けると、
「キャプションを追加」のテキストフィールドが見つかります。
好みのテキストをタイプします。

3. 画面の右上端にある
「完了」ボタンを実行します。
続いて、画面の左上端にある
「戻る」ボタンを実行します。

これでキャプションが追加されました。



__________目次の先頭へもどる__________

■2 写真のキャプションを確認する


写真アプリでサムネイルが一覧表示されている状態で、1本指の上スワイプか下スワイプを行います。
日時や縦横などの情報を読み上げてくれますが、その中に追加したキャプションの情報が加えられていることを確認できます。

もしうまく読み上げがされなければ、ローター操作で「その他のコンテンツ」のカテゴリに合わせる必要があります。



__________目次の先頭へもどる__________

■3 キャプションをキーワードに写真を検索する


写真アプリには検索機能が備わっています。
場所や人物をキーワードに検索できますが、キャプションも検索キーワードの対象です。

写真アプリの「検索」タブを選択状態にします。

検索フィールドにキーワードをタイプすると、そのテキストを含んでいる写真が一覧表示されます。



__________目次の先頭へもどる__________
posted by @voice_of_i at 10:22| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする